2009年10月08日

お向かいの猫たち 其の参

以前ご紹介したお向かいの猫たち。

つい先週まで白と黒、2匹で相変わらず仲良くしていましたが、悲しいお知らせです。

毎日のように2匹におやつをあげていたのですが、4~5日黒いのを見かけませんでした。

たまたま夕べ、白におやつをあげていたら向かいのおじさんが近くを通ったので「最近黒がいないですね」と言うと、「黒は国道で車に轢かれて死んでしまったと近所の人が教えてくれた」と話してくれました。


なついていた訳ではありませんが、僕を見つけると「食べ物をくれるおじさん」と言うのは分かっているようでいつも2匹で走って近づいてきていました。

黒を見かけなくなってから白が1匹だけで近づいてきて今までに無くニャーニャー鳴きます。

まるで黒がいなくなって寂しくて泣いているようです。
この2匹を見て癒されていた人達は結構多かったようです。
もう黒に会うことが出来ないと思うととても寂しく残念です。

黒、安らかに眠れ。

在りし日の黒を偲んで
iphone画像 0122.JPG


今日は1度も白を見かけていません。
黒の訃報を聞いたばかりなので気になって仕方ありません。
明日はいつものように元気にしている事を祈ります。



最近では僕の手から直接食べ物を食べるようになりました
iphone画像 0123.JPG




そう言えば、白と黒の母親も国道で轢かれて死んだそうです。
猫たちにとって道路を渡ることも命がけなんだなと思い知らされました。
これも野良猫の宿命なんでしょうか・・・

この辺りには大きな白と黒のブチのボス猫と真っ黒の小柄だけど気性の荒い猫がいて、よく白と黒を追っかけていました。

先月、白は左の後ろ足に大きな傷を負って2~3日ビッコを引いていました。
奴等にやられたのでしょうか?

敵が多い中、逞しく生きる白。
黒の分も頑張って生きろ!!

と毎日応援しています。
posted by hiro at 01:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする