2010年12月26日

餅つき

クリスマス会も無事終わり、明日は餅つきです。

お年よりは落ちが好きだね~

リスキーなのに^_^;

何はともあれ、利用者のみなさまに楽しんでもらえたら嬉しいです。

今年も残す所あとわずか。

私の事業所で年を越す利用者様は居ないけど元旦から通所される方がいらっしゃいます。

アットホームに迎えたいですね(^^♪
posted by hiro at 20:34| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

忘年会

先日会社の忘年会があった。

別段珍しい話ではないよね。

わが社では各事業所を大きくいくつかのチームに分けてそれぞれに余興を行うんです。

余興に出るのは新人。

私ももちろん新人なので余興に出た。

年甲斐も無くとても家族や友人知人には見せられないような格好で踊りを踊りました。

羞恥心のスイッチはOFFです。

仕事ですから…

まぁ、終わってしまえばそれはそれで面白かったかもしれないけどね。

もうやらないよ。

忘年会も終わり、明後日はクリスマス会、その後持ちつきたい会をして年末年始と行事が目白押しです。

利用者の皆さんには楽しんで過ごして頂きたいと願うオヤジです
posted by hiro at 00:10| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

車のコンディション

今回は介護の話はちょっとお休みです。
就職が決まって、衝動買いで買ったBMW
もちろん中古ですが、初めての雪道を経験しています。
今まで北海道に住んでいて、殆どFFか4WDの車しか乗っていなかった。
乗りたい車は色々あってもFRだとどうしても敬遠してしまう。
豪雪やアイスバーン・ミラーバーンで四駆でさえまともに走れないのにFRなんて無理と諦めていた。
しかし函館に引越して何度か冬を経験していると、この程度ならFRでもイケるかもと思い始めたんです。
そんな経緯からかねてから乗りたかったBMWを思い切って買ってみた。
重量バランスに優れていて、ABSはもちろんの事、トランクションコントロールや横滑り防止装置がついているので大丈夫じゃないかなと思ったんです。
ところが買って少ししてから頼みの綱のトランクションコントロールと横滑り防止装置が機能していないことが判明。
中古とは言え、買ってからまだ日が経っていなかったので購入先に交渉して部品代と工賃を出してもらう事になった。
部品も届いてやれやれと思っていた矢先にいきなりの大雪。
仕事も忙しくなり、ディーラーも忙しく代車の手配がなかなか付かなくそのまま雪道を乗っている。

今のところお尻を振り振りしながらも何とか走っているが、早い内に修理をしなくてはちょっと怖い。

これが札幌ならまともに乗れていなかっただろうなぁ~
なんと言っても300馬力オーバーの車なのでちょっとアクセルを踏んだだけでタイヤがスピンしてしまう。
分ってはいたが、やっぱり北海道の冬にはちょっと不向きだったかもしれない。

それでも気に入って乗っている所が車馬鹿なのかもしれない。

posted by hiro at 00:15| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

急変

私の勤務先の利用者さまの一人が急変し、救急搬送された。

下肢の壊疽でICUで治療中との事だが思いのほか様態が悪く、最悪余命が2~3日だそうだ。

ついこの間まで、通所されて普通に過ごされていたのにと驚くばかりだった。

私はまだ経験が浅いのでたくさんの事例は分らないが、高齢者の方にはこのような急変は決して珍しい事ではないらしい。

普段、元気そうに見えてもいつこのような事が起こっても不思議ではないのが現実だそうだ。


そう思うと今まで以上に今この一時を最高の介護が出来るよう努めていかなければならないのだと思った。

まさに一期一会だと思う。
posted by hiro at 22:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

それぞれの人生に背負う物

この仕事に就いて毎日たくさんの高齢者の方々と係わります。

今までの人生の中で日常的に90歳前後の方々と接する事は皆無に等しかった

それぞれの利用者さんには当然それぞれのご家族や人生があり、自分などとは桁違いのたくさんの時間を歩んでこられた方ばかりだ。

私の所属する小規模多機能型居宅介護事業所は比較的認知の程度も低く身体の介護度も低い方が多い。

すなわち自分の身の回りの事は概ね出来る方が多い。

当然殆どの方が会話も問題なく出来る。

少しずつ気心が知れてくると、入浴介助の時や送迎の道中など色々な身の上の話されたりもする。

私たちの世代では想像も出来ないような苦労や努力をされて生きてこられた方ばかりだ。

もちろん、100%話を鵜呑みに出来ない事も有るが以下に今この世の中が恵まれているか分る気がする。

私たちは今、不景気がどうのと愚痴っている場合ではないのかもしれない。

当てにならない政治家に他力本願で世の中を良くしてもらおう等、のんきな事を言っているべきではないのではないだろうか。

逞しく、長い人生を生き抜いてこられた人生の大先輩達の話を聞くにつれそんな思いがよぎる今日この頃です。
posted by hiro at 20:29| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする