2011年02月25日

返品と交換

みなさん、こんにちは。

函館は昨日から雨が降ったり止んだり。

いよいよ春が近づいてきたのかな?

さて、一昨日近所のスーパーで買い物をした。

全国規模で店舗展開をしているトライラルというお店だ。

仕事帰りで疲れてボーっとしていたのか、思っていたものと違うものを買って帰ってしまった。

5~600円くらいの買い物で、レジでも「レシートは要りません」といってもらわなかった。

昨日、仕事に行く前にそのお店に寄って、買いたかった商品と交換してもらおうとサービスカウンターに行ったら「レシートが無いと交換できません。」だって。

もっともなお話です。

多分そう言うだろうなと思ったけど、このお店のお客様満足度を確認しようと思ったんです。

恐らく、多少の手間や融通を利かせればできる筈のこと。

レシートがないとシステム上出来ないという話だ。

もとより接客の姿勢などから、レシート無しでの返品や交換を期待していた訳では無いが、地元にあるスーパーとして今後も積極的に利用しようという気は失せてしまった。

金額の問題ではない。

少しでも可能な限りお客さんの希望やわがままに耳を傾けようという姿勢のないお店は利用したいと思わなくなる。

立場が変われば容易に分かることだ。

私も介護の現場で「出来るだけ我侭を言ってもらおう」と努力している。

そして可能な限りその我侭を受け入れる体制で仕事をしている。

それがわが社の方針でもある。
posted by hiro at 10:16| 北海道 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

退院

みなさんこんばんは

退院といっても人間の話じゃないよ。

先月末に修理工場に入った私の車です。

約20日間の入院で悪い所を直し、やっと帰ってきた。

コレでオヤジクラウンとはさよならです。

やっぱり自分の車はいいね~

古いけど愛着のある車は乗っていてもしっくりと来る。

明日は休みなので、入院中にヤフオクで購入したカーナビを取り付けてより快適に仕上げよう。

ナビは二の次だけど、コレでDVDも音楽も何でもかんでも楽しめる。

それにしても修理代の18万はちょっと高い出費だったなぁ(>_<)

BMWさん、部品代が高すぎます。

ディーラーの担当の方はとても親切で、工賃など値引きしてくれたりちょっとした作業をタダでしてくれたりしたけど部品代はもとが高いので値引きしてもらっても知れてます。

しかも本国発注だから納期も遅いし…

まぁ、それもひっくるめて好きで乗っているから仕方ないんだけどね。

車はほんとにお金のかかる趣味だ。

でもやめられないオヤジです(>_<)
posted by hiro at 00:46| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ご長寿

みなさん、こんばんは。

北海道はここ2~3日暖かい日が続き、急速に雪解けが進んでいます。

お陰で裏小路等は解けた雪でざくざくになりまともに車が走れなくなったしいました。

私の会社の駐車場も同じような状態で夜勤明けの今朝、駐車場から出ようとしたらいきなりスタック^_^;

スノーヘルパーと後輩の手伝いでようやく脱出することが出来て助かりました。


さ話は変わりますが少し前までは私は長生きする事は無条件にお目出度い、いい事だとしか考えていませんでした。

最近、仕事柄日常的に高齢者の方と係わっていくにつれ色々な思いが沸いて来ます。

機械につながれて自発呼吸も出来ずに意識もあるかどうかわからないまま生きていたとしても家族にとってはそれでも生きていて欲しいという強い思いがあったりするのだと思います。

先日、最近当施設を利用されるようになった男性の方の入浴の介助でお風呂で色々話をして頂きました。

その方は85歳ですが殆ど認知の症状も無く、歩行のふらつきが多少あるくらいで特に重い持病も無い方です。

とても元気そうで、若く見えますね。

などと話していましたが、長生きする事がいい事とは思えないよと話されました。

話を聞いてみると、自分が長生きしても奥さんや友達などがどんどん亡くなって行く。

子供も積極的に世話をしてくれる訳でもないし、なんだか辛いよなどと話されていました。

確かに、自分が元気で長生きしても回りの親しい方たちや身内の方が一人二人と無くなってくとなんとも寂しいんだろうなと思いました。

思うに、長生きしながら新しい人間関係も作りつつ生きていく必要があるんだろうなと思いました。

長寿でも孤独と言うのはやはり切ない事なのでしょうね。

毎日、利用者様からは教えていただく事や学ぶ事ばかりです。
posted by hiro at 20:04| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

温泉そしてラーメン

みなさん、こんばんは。

今日は連休二日目。

久し振りに温泉に行こうという事になった

本当は木古内にあるのとやと言う海に面した温泉に以降と思っていたが、営業時間を見るとなんと午後3時から。

明日は早番だし、夕方から動くのはちょっと…と思い急遽違う場所を物色する。

候補に挙がったのが森町にあるちゃっぷりん館と言う変な名前の温泉。

札幌の行き帰り、国道沿いに看板が出ていたのは記憶している。

変な名前だな~位にしか思っていなかった。

でも距離的にも手頃だし午前10時からやってるしいいんじゃない?ということで早速向かった。

着いたのはちょうどお昼頃で館内はとても空いていた。

cyapurin-kan.jpg

お風呂も1~2名くらいしか入っておらずとてもゆったりと出来た。

温度は比較的ぬるめで、熱いのが苦手な私にはちょうど良い。

少し温まってから露天風呂に行く。

os_mori_chyapurin.jpg

冬の露天風呂は格別だ。

外に出た時の身が引き締まるような寒さから湯船に使った時の安心感がなんともいえない。

あいにくうす曇で景色などは良く観れなかったが、広めの湯船をゆっくり堪能する事が出来た。

温泉に言った時の私のもう一つの楽しみは休憩コーナーに良くあるマッサージチェアーだ。

最新式そうなものは無かったが比較的新しそうな物を選び座っておまかせモードでリクライニングを倒す。

思いの外、時間が長くこれでもかと言うほどまっさジーをしてくれた。

ある意味、温泉より気持ちよかったかも…

男湯から出ると奥さんは一足先に上がって待っていた。

お昼もかなりすぎてお腹も空いている。

せっかく森町まで来たんだから以前2回も行って定休日で食べられなかった次郎長と言うラーメン屋さんに行こうということになった。

着いたのは1時半を回っていたが結構込んでいる。

しかも注文をして待っている間に次々とお客さんがやってくる。

やっぱりなかなかの人気店らしい。

私も奥さんも味噌を頼んだ。

私はあっさりでコクのある塩味かとんこつ塩に魅力を感じたが、メニューに当店イチオシと書いてある味噌を頼んでしまった。

img_1269248_27827216_0.jpg

結論から言うと美味しいが少し塩辛かった。

次は塩を食べてみよう。

でも、充分美味しかったと思うし今時良心的な値段だと思う。

img_1507124_58596654_2.jpg

温泉で暖まりラーメンで食欲も満たされて家路に就いた。
posted by hiro at 23:34| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

同期

みなさん、こんばんは。

夜勤明けの2連休の初日、今日はのんびり過ごしています。

明日は隣町の海の見える温泉に行って来ようかなと思っています。

話は変わりますが、介護の世界に係わる様になって同期の仲間が出来ました。

一つはホームヘルパーの資格を取る為の学校時代のクラスメート達。

30人でスタートして28名で卒業しました。

残念ながら実際に介護の仕事についている人は数名も居ませんが、時々連絡を取り合っては近況報告などしています。

当時非常にお世話になり厳しくも熱い思いで講義をしてくださった恩師がこの3月一杯でその学校を退職するという話を聞き、同じく介護職員として働いている同期生と近いうちに挨拶に行こうということになりました。

当初、私はとりあえず資格くらい取っておくかという程度のノリで学校に通い始めましたが、この講師の講義を受けるにつれ次第に介護の現場で働いてみたいという思いが強くなり現在に至っています。

介護の仕事に実際に飛び込む大きなきっかけを作ってくれた恩師に、同じく介護職に付いた同期と挨拶に行こうという話になりました。

就職した職場は違えども同じ学校で時間をともにした仲間が同じ介護の現場で頑張っているというのはなんとも心強い物です。

また、今の会社に就職した時に一人同期入社のスタッフがいます。

配属先も同じで、ともに頑張って働いています。

私よりも一回り若い女性ですが、私と同様に全く異業種からの転職で介護業界は未経験のゼロからのスタートでした。

同じ職場で同じような状況で働き始めた同期社員がいるというのもまたとても心強い物です。

同じようなレベルで戸惑い、同じようなレベルで仕事を覚えていきます。

なので近い視線でお互い相談も出来、また良い意味でのライバルとして後れを取らないよう適度な緊張を持って仕事に望めます。

介護職という素晴らしい職業に就く事が出来た事も良かったと思いますが、学校にしろ職場にしろ良い同期に恵まれて本当に良かったと日々感謝しています。

こんな仲間に支えられながら、少しでも早く介護に精通して利用者さんたちの笑顔をもっともっと増やして行きたいと思う今日この頃です。


posted by hiro at 00:06| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする