2011年03月19日

日本人の品格

みなさん、こんにちは。

被災地のみなさまには本当に一日も早い安息が訪れる事をお祈りし、尊い命をなくされた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

さて、人災10日を過ぎてなお安否すら確認出来ない方が多数いらっしゃり被害状況の全貌も分からず、また原発の放射能漏洩も事態がなかなか収束せず、株は暴落し円は急騰すると言う最悪の状況が続いていますね。

関係各位に置かれましては不眠不休で対応に当たられたり、被災地域では被災者の方々が自ら立ち上がり復興に向けた活動を始めたりと、今回のたとえようの無い悲劇の中で見本人の強さや高潔さを垣間見る事が出来ます。

また、震災直後から各国より日本人の冷静で秩序ある行動に賞賛の声が多数上がっています。
これは同じ日本国民としてとても誇りに思えることでは有りますが、一方過剰な買占めによる食料や生活用品の不足が深刻な問題になっています。

被災地ならまだしも、この北海道でさえ狂ったように食料品などの買占めが横行し、普通に必要な物が不足しています。

被災者の方々の不自由で過酷な生活を考えたら被災地以外の人間が一番に考えるのは直接でも間接的にでも被災地域にどうしたら少しでも物資が円滑に届くだろうかと言う事だと思います。

色んな情報に惑わされ、米を買い占めたりトイレットペーパーを買い占めたり・・・
全く愚かな行為をする人の多さに情けなくもなります。

自分達よりも想像を絶する窮地に陥っている人たちよりも自分の家の米の心配しか出来ない了見の小さな人の多さに呆れるばかりです。

この今だかつて日本が経験した事の無い大参事に対して国民一人一人が多少なりとも痛みを分かち合い、協力して復興に向けて頑張らなければいけない時なのに、さらにはこの混乱に乗じて振込め詐欺が横行するなど、極刑に値するような人としてありえない行為を行う輩まで出てきています。

放射能を浴びながらも必至にメルトダウンを止めるために身を挺して頑張る人達も居れば、震災をいいことに詐欺を働く輩も居る。

世界に誇れる秩序ある日本人が大多数と信じたいですが、一部にはこのような情けない人達がいつのも事実です。

また、谷垣総裁が入閣要請を断った事も残念な事だ。
理由は大連立になるからとか・・・
こういう非常時こそ大連立で良いのではないでしょうか?
結局自分が加わっても事態が良くならなかった時、責任を問われるのがいやだからと言う身勝手な理由からだと推測してしますのは下衆の勘ぐりと言うものでしょうか?

国民としては結果はどうであれ、できる人達ができる事を一丸となって頑張りやり続ける姿勢が国のトップに居る人たちには必要な事だと思います。

自分達が国民から選ばれた国民の代表である自覚が足りなと思います。
結局自民党の総裁もやはり小粒なんですね。

被災地に居ない、難を免れた私たちは「今できる事を一生懸命に頑張る」ことで日本経済を少しでも支えたり、節電をしたり買占めを控えたり出来る範囲で募金をしたり、一人一人としては小さな事でもたくさんの力が集まれば確実に大きな力になって行くと思います。

どうか、世界から賞賛される日本人を意識する訳ではありませんが被災者の辛さを少しでも分かち合いながら日本全体が一日も早い復興に向けてみんなで頑張って行けたら良いなと切実に感じています。
posted by hiro at 10:48| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

避難勧告

みなさん、こんばんは。

大変な事になりましたね。

今日・明日は夜勤明けの久し振りの連休だった。

少し遅い朝食を食べ、シャワーを浴びて最近出来た讃岐うどん屋さんでお昼を食べようということで12時頃に家を出た。

お昼を済ませ、ホワイトデーのお返しを買いにネットで調べて評判の良いお店で買い物をし久し振りにベイエリアの金森倉庫に足を延ばした。

そこでも買い物をして家に帰る途中、後もう少しと言う所の交差点で信号待ちをしていると車がぐらぐら揺れている。

明らかに不自然なゆれ方だ。

周りを見渡すとコンビニのポールサインや信号機もぐらぐら揺れている。

地震だ!

先週も有ったばかりなのに最近多いな…

その時はそんな程度にしか思わなかった。

家に帰ってTVを観ると宮城の方で結構な地震があったと報道している。

そんなニュースを観ているとぐらぐらと家が揺れ始めた。

市の防災放送が津波警報を発令していたが、大津波警報に変わったので至急避難する様にとの事だった。

近隣の人達も次々と避難している。

高台の安全な所に避難するようにと防災放送は言うけれど、この辺に高台なんて無い。

仕方ないので少し内陸側の大型スーパーの屋上に一時避難した。

車でTVのニュースを観ていると各地から次々と悲惨な映像が流れてくる。

この函館でさえも、さっき買い物をしていた金森倉庫近辺が冠水している。

18時頃まで車で避難していたが、そのスーパー自体も営業を中止したようで従業員らしき人達も次々と帰り始めていた。

函館の満潮は19時27分だったので夕食を食べながら時間を潰し自宅に戻った。

相変わらず我が家はTVのニュース上では避難勧告で避難指示の出ている地域だが、避難場所の指定も無く行く所が無いのが実情だ。

せめて公の建物などを開放してくれれば助かるのだがそれも無くてどこに避難しろと言うのだろう。

バルコニーに出てみると心なしか波の音がいつもよりも大きい気がする。

このまま何事も無く朝を迎えることを祈るばかりだ。

それにしても各地で甚大な被害を被った多くの方々に一日も早い復旧をお祈りするとともに、亡くなられた方々にご冥福をお祈りいたします。
ラベル:大津波警報 地震
posted by hiro at 00:33| 北海道 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする