2012年08月19日

認知症高齢者介護の現場から ②

去年の4月から当施設を利用していただくことになったMさん。

一昨年、自宅で倒れて救急搬送され約8ヶ月の入院を経ての利用開始だった。

病院からの病状説明では「長期入院のため下肢の筋肉が衰え歩行はおろか立ち上がりも不可・認知症もあり暴言を吐いたり暴れたり、常に見守りが必要で排泄の都度要介助」なので自宅での生活はすぐには難しい。

以上の理由でしばらく当施設に泊まり様子を見て在宅での生活に戻ると言う、鳴り物入りで入ってきた方だった。

利用開始で初めてのお泊まりの日、ちょうど僕が夜勤だった。
もちろん病状説明を知っているのでかなり気合を入れて夜勤に臨んだものの、意外と静かに過ごされて特に問題もなかった。

その後も比較的穏やかに過ごされ、職員と冗談を言い合ったり行事の時は司会をしたりとすっかり人気ものになっていった。

日常の生活もかなり落ち着いてきたので、在宅を基本に毎日通所して週末のみのお泊まりというプランに切り替えた。

僕も夜勤の時などは一緒にお茶を飲み、小一時間ほど世間話をしたり楽しい時間を過ごさせていただいた。

そんなMさんの状態が去年の12月頃からひどく変わってきた。
最初の異変は家庭での暴言と暴力。

日中、施設に居る時はいたって普通に穏やかなのに家に帰ると別人のように凶暴になり奥さんを怒鳴りつけたり、辺のものを投げつけたりして暴れた。

何度か、奥さんの手に負えずうちの職員が緊急訪問したものだ。
僕もそういう時に訪問したが語気は荒く興奮し、奥さんが少しでも何か言ったり近くに行くと物凄い勢いで暴言を吐いた。

僕がいくらなだめて少し落ち着いても奥さんが近くに来るとまた凶暴になる。
その日は近くに住む義理の息子さんが来て泊まり、様子を見ることになったので僕は帰ってきた。

こういう事が度々続き、奥さんも娘さん夫婦も参ってしまった。
身内の方の介護負担や心労も勘案して、しばらく当施設に泊まることになった。

そうこうしているうちに年も明け、新年を迎えた。
もちろん大晦日も元旦も家には帰らない。

大晦日は僕が夜勤だったので元旦は僕の作ったお節で新年を迎えていただいた。

施設では家にいる時のような暴力的な言動はないが、異常なほどお金の事に執着したり見当識の障害が強くなってきた。

今どこにいいて何をしているのか解らないのだ。
時折、我に返る時があるようで「自分は頭がおかしくなった」とひどく落ち込むこともありとても気の毒だった。

明らかに認知症の症状が進んできているので、当施設のナースでもあるケアマネージャーが奥さんに精神科への受診を提案するが、奥さんにとって精神科というものにひどく抵抗がありなかなか受け入れていただく事もできない。

2月頃に少し状態が落ち着いた時期があったので一旦家に帰ってみることになったが何日もしないうちにやはり家では難しいという事で施設に戻ってこられた。

これ以上この状態が続くのはご本人にとっても辛いだろうし可愛そうだという事で、ようやく奥さんも精神科への受診を受け入れてくださりMさんの通院が始まった。

何度かの通院と検査の結果、今のMさんの病状では今後在宅での最活は困難という所見だった。

認知症の処方薬はメンタルな薬の処方も多く、奥さんには服薬管理が難しいというのが一番の理由だった。

今までも痛み止めや下剤等、本人が苦しいと訴えるとあるだけの薬を飲ませてしまうので精神科の処方薬をそんな風に飲ませてしまうのはリスクが高いからだ。

在宅での生活が困難という事は長期間で入所できるところを探すことになる。
しかし入所型の特別養護老人ホームや老人保険施設も入所待ちで、いつ入れるかは全く分からない。

それにMさんのレベルなら在宅に戻れる可能性もないわけではない。
もし入所型の施設に入ってしまったら恐らく在宅生活に戻る可能性はゼロに等しい。

73歳という若さでMさんのレベルなら何とかして在宅生活を継続しながら介護サービスを続けていただく方がご本人のためにもご家族のためにもいいと思われる。

しかし私の所属先の小規模多機能型居宅介護事業所では宿泊はあくまでも一時的なもの。
何年も泊まり続けてい頂く訳にはいかない。

居室も生活の場として作られていないし、継続して宿泊されると費用的な負担も大きくなる。
当社の運営するグループホームが隣にもあるので、そこの入所の待機ということでしばらくは当施設で生活していただく事になった。

3月後半頃からMさんの状態も少しずつ落ち着きを取り戻し始め、波はあるもののある程度穏やかに過ごして頂けるようになってきた。

そんな日々が続く中、急に隣のグループホームに空きができた。
もちろん待機者は沢山いらっしゃるのですぐに空きはなくなるがが、緊急性の高い人を優先する。

空きが出たことをご家族に伝え相談した結果、ご家族がグループホームへの入所を決断された。

グループホームは認知症であることが入所の大前提なので、もちろん認知症の方ばかりの居る施設だ。

しかも今回空きが出たユニットは認知症の度合いも高く、介護度も高い方が殆どだ。
落ち着いてきているMさんにとっては周りを見ると変な人ばかりと感じても仕方ない状況だ。
そんな中でMさんはどう感じ、どう思うのだろうかと思うと心が痛んだ。

しかし在宅復帰の具体的な目処もつかない現状で経済的な負担を考えた上でのご家族の苦渋の決断だったのだ。

前もって隣のグループホームに移るという事をMさんに伝えると混乱してしまうというご家族の懸念から当日までご本人にはその事は知らされなかった。

当日の朝、娘さんから話を聞かされたMさんはとても寂しそうだった。
Mさんの中でどう捉えどう理解されたかは知る由もない。

隣だから日中はこっちに来ていればいいという事になってはいるが、グループホームに入ってしまえばなかなかそういう事も難しいように思える。

自分たちの力で、もっとどうにか出来なかったのか・・・
やり場のない虚しさと切なさを感じてならない。
posted by hiro at 20:39| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

認知症介護の現場から

介護の仕事をするようになってから、ご本人はもちろんの事、そのご家族との関わりのの重要さを痛感する。

特に僕の所属する「小規模多機能型居宅介護事業所」は入所型の施設ではなく、あくまでも在宅の生活を継続する上で高齢者ご本人の日常生活状の「つまずき」や、ご家族の介護負担の軽減をサポートしている。

通って頂き、のんびりと日中の時間を過ごして食事や入浴をして頂いたり、訪問で調理・買い物・環境整備(清掃など)をしたり、必要な時は必要なだけ宿泊して頂いたり・・・

通所・訪問介護・ショートステイを複合的に行う事、それが「多機能」と言う名前の所以である。

高齢者の方は身体機能の低下や疾病などで今まで出来ていた事が次第に出来なくなっていく。

それに認知症が加われば従来の日常生活を継続するのは並大抵の事ではない。

と言うよりは継続不可能と言う方が正確かもしれない。

まだ、家族と同居の方はある程度ご家族の支援のもとで暮らしているがそれも限度がある。
いくらご家族が頑張ってもご家族が介護に疲弊してしまい、最悪DVにつながることもある。

ましてや独居の高齢者となれば言わずもがなだ。

それでも「その人らしい生活」を維持していく為に「小規模多機能」は存在する。

住み慣れた家・地域、そして家族との生活。
それを維持しながら老後を穏やかに過ごしていただく。
それが我々の仕事だ。

介護と言うと何でもかんでも世話をするという印象を持たれる方も多いと思うが、実際には「出来る事は自分でして頂く」と言うのが基本だ。

何でもしてあげると言うのはとても親切に感じるが実はとても残酷な事でもある。

その方の出来る事を取り上げてしまうことにもなるし、それにより残存機能を低下させてしまう。

ご本人の尊厳を傷つけてしまう事にもなりかねない。

何でも介助する方が、実は介助者にとっては楽であったりもする。

自分のペースで仕事が出来るからだ。

でも、時間がかかっても失敗しても、そをれをじっと見守りながらご本人にして頂く方が介助者は忍耐が必要だったりする。

高齢者の方は出来る事が出来なくなるのは簡単だけど、出来る事を継続するのはかなり難しい。

そして私たちはそれを継続して頂かなければならない。
そうでなければその方のできる事がどんどん少なくなってしまうからだ。

そういう中で利用者の方が排泄の失敗をしてしまった時。
この時のメンタルのケアがとても難しい。

排泄の失敗と言うのはご本人にとってかなり精神的ダメージを伴う。

それをきっかけに一気に認知症の症状が進行してしまう方も多い。

その時僕ら介護師が如何にご本人の尊厳を傷つけないように対応できるかが重要になると思う。

つい先日もそんな事があった。
「誰でも多かれ少なかれある事で、気にする事は無いよ」と話しながら、話題を変えて何事も無かったかのようにさり気なく後片付けをした。

後から「あんな対応で良かったのだろうか?もっとご本人の尊厳を傷つけない対応は無かったろうか?」と自問自答するし、スタッフ同士でも話し合ったりする。

応えは一つではないから難しい。

話は変わるが、「小規模多機能」は利用者さんのご家族との関わりも非常に多い。

通って来られる方は毎日の送迎時にご家族の方とお会いするし、訪問に伺う利用者さんは同居のご家族がいらっしゃったり、独居の方なら定期的にご家族と連絡を取り合ったりする。

そういう意味でご家族との連携やコミュニケーションはとても重要で、ご家族の方との信頼関係も構築していかなければならない。

利用者さんとご家族の方の背景にはとても複雑な人間関係が隠れている場合も多い。

本当に色んなことに気を配りながらの仕事であるけれど、利用者さんの笑顔を見ると本当に心から嬉しく元気がみなぎってくる。

自分もいつか通る道かもしれない。

自分もこんな風に過ごせたらいいなと思える環境作りをして行きたいと思い、日々仕事に励んでいる。
ラベル:認知症 介護
posted by hiro at 00:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする